2010年03月01日

ボビー・ウォレス

ボビー・ウォレス(Roderick John "Bobby" Wallace, 1873年11月4日 - 1960年11月3日)は、1890年?1910年代のアメリカ・メジャーリーグの選手。主なポジションは遊撃手。ペンシルベニア州ピッツバーグ生まれ。右投げ右打ち。『ボビー』は愛称。本名から『ローディ(Rhoddy)』とも呼ばれた。選手、監督、審判、コーチ、スカウト等で、メジャーリーグと60年間関わった。略歴1894年に先発投手としてクリーブランド・スパイーダーズに入団。2年目3年目でそれぞれ12勝14敗、10勝7敗の成績を上げた。4年目の1897年に三塁手に転向し、この年打率.335、112打点と打撃面での活躍を見せ、内野のレギュラーに定着した。1899年にスパイダーズからカージナルスに移籍。カージナルスでは遊撃手をこなし、打撃面もキャリア二度目の100打点以上をあげる活躍をした。1901年には自身二度目の打率三割(.324)をマークし、守備面でもこの年のリーグ最多となる542の補殺と、67の併殺を記録する活躍を見せた。カージナルスで活躍していたウォレスは、1902年に本拠地をセントルイスに移したセントルイス・ブラウンズに移籍、1911年頃までチーム不動の遊撃手となった。1911年と1912年はチームの監督を兼任するが、監督1年目のチームは45勝107敗と散々な成績で、翌年の5月には兼任監督の座を退いている。1913年以降は出場機会が減ってきたためか、1915年に彼は審判員としての訓練を積んで、その年111試合のゲームを裁く(同年、選手としても9試合に出場している)。なぜか審判を務めたのはこの年限りだった。ブラウンズに15年在籍した後、1917年にカージナルスに戻り、翌年引退。選手歴は25年、46歳までプレーしたことになる。引退後はシンシナティ・レッズのコーチなどをしながら現場に関わり、1937年シーズン終盤に25試合ほどレッズの指揮をとった。その後は80歳を超えるまでチームのスカウトを務めていた。1953年、ベテランズ委員会によりアメリカ野球殿堂入り。1960年カリフォルニア州で87歳で死去。通算成績打撃成績※数字の後の"*"は、記録不明箇所があることを示す。投手成績通算:試合数57、投球回402、24勝22敗、完封3、被安打469、被本塁打6、与死球156、防御

NHK評価委員会が指標作成(産経新聞)
陸山会土地購入 石川議員、政治献金800万円記載せず(毎日新聞)
「あなたの所有物ですね」「はい」… 凶器のナイフ示され、うなずく被告(産経新聞)
<迷惑メール>熊本・山鹿副市長らに大量送付 兄弟を逮捕(毎日新聞)
発見遺体は不明女性=中国人男ら遺棄容疑で逮捕へ−兵庫県警(時事通信)
posted by ネギシ ヨシオ at 23:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。